AGAの予防にはシャンプーで頭皮を清潔にして血行改善するのも効果的

男性の薄毛の原因には生活習慣や頭皮環境、血行悪化などが挙げられますが、最近特に注目されているのが男性型脱毛症、別名AGAとも呼ばれる病気です。
これは男性ホルモンが頭皮にある5αリダクターゼという酵素と反応することでDHTという物質を分泌し、これが頭髪のヘアサイクルを乱して健康な髪が抜け落ちる状態を作り出してしまうというもの。

AGA治療のためにはクリニックを受診し、飲み薬や塗り薬などを処方してもらうことで、AGA予防のための対策を施す必要があります。
その一方で、注意したいのがシャンプーです。
AGAとシャンプーは何も関係がないという人もいるようですが、実際のところ抜け毛や薄毛は原因がひとつに特定されることなく、様々な要素が複雑に入り組んで起こっていることも多いもの。
AGAの対策だけに懸命になるあまり、頭皮環境が悪化して皮脂やゴミなどが毛穴をふさぐ状態が続いたなら、これが血行を悪く事態を招きかねません。
こうした状況を予防する意味でも一日一回、入浴の際にしっかりとシャンプーで頭皮を綺麗に洗い流すことが大切なのです。

この時に、あまり刺激の強過ぎるシャンプーを使うのは控えた方がよいでしょう。
肌に合わずに洗髪後に乾燥状態が続くのもいけません。
そして肌を傷つけるようにゴシゴシ洗うのではなくできるだけ丁寧に洗い流すことを心掛けなければなりません。
その後、綺麗になった頭皮に育毛剤などを沁み込ませることで十分に浸透できることでしょう。
この際にしっかりとマッサージをしてあげることでも抜け毛や薄毛の予防になります。

さらに、最近では血行を改善する効果を持ったシャンプーも発売されています。
これらを用いれば、毛細血管の血流が悪くなって栄養分が補給できなくなったAGAの状態を改善することが可能です。
毛細血管を拡張させ、過不足無く栄養分を摂取して発毛や育毛を促進することができるでしょう。