AGA治療に効果的と言われる薬剤にはどんなものがあるのでしょうか?

薄毛をもたらす原因は数多く存在します。
頭皮環境の悪化により毛穴に皮脂が詰まったり、生活習慣による頭皮の血行悪化によって栄養分がうまく頭髪にまで行き渡らなくなるなど、実に様々なものがあります。
その中でも最近特に注目を集めているのが男性型脱毛症と呼ばれる病気でしょう。

これはAGAとも呼ばれていますが、主に男性ホルモンが過剰な働きを起こすことによって特殊な物質が作り出され、それが頭髪のヘアサイクルを大きく乱してしまい、成長期にある髪であってもそのまま抜け落ちていってしまうのです。
しかし病気というからにはクリニックを受診することでAGA治療を行うことも可能です。
まずは医師の診療、触診、問診などを受けてAGA治療への糸口を探り、もしもAGAの可能性が強まったならば薬剤による治療が始まります。

AGA治療に用いられる薬剤は一般的に二種類あります。
ひとつはフィナステリドという成分を含有した錠剤で、日本ではプロペシアが処方されるケースが大部分に及びます。
これは頭皮にある5αリダクターゼの2型という酵素の働きを抑え、男性ホルモンがこれらと反応して頭髪の成長を妨げるDHTという物質が作り出すのを抑制する効果を持っています。

もうひとつはミノキシジルという成分を含んだ塗るタイプの薬剤で、薄毛を発症している頭皮に塗ると毛細血管が拡張され、血流の量を増やす効果を生み出します。
こうして頭髪の成長に不可欠な栄養分が過不足無く補給されることによって頭髪が勢いを取り戻していきます。
これらふたつの薬剤を長期間使い続けることで病気の改善効果が見られるはずです。

また、さらに専門的なAGA治療になると、頭髪の成長因子や栄養分などを含んだカクテルを頭皮に注射して発毛を促すという手法や、あるいは健康的な毛根を移植するという手法も存在します。